神戸市兵庫県近畿

神戸・東遊園地「1.17希望の灯り」「慰霊と復興のモニュメント」に往時を偲ぶ

神戸の中心、三宮駅周辺は、駅周辺こそいかにも都心といったたたずまいの商業集中地帯で、いかにもといった景色を見せてくれるのだが、その一方で駅の目の前を通る道、通称「フラワーロード」をずっと下っていくと神戸市役所や東遊園地といった、お役所感満載の風景が広がってくる。

とはいえ、そこはやはり神戸。「オシャレタウン神戸」の名の通り、実に整然とした光景が広がっている。ちなみにだが、東遊園地は「遊園地」という名前ではあるが、ただの公園なので要注意。USJやひらかたパークみたいなのを想像しないように。

現在では国の登録記念物にも指定されるほどの公園となってしまったこの東遊園地だが、そんな東遊園地にも、1995年に起きた阪神・淡路大震災の思いを残すモニュメントが設置されている。「1.17希望の灯り」、そして「慰霊と復興のモニュメント(地図上では「震災と復興のモニュメント」と表示されている)」だ。

東遊園地全体地図

東遊園地マップ

1.17希望の灯り

1.17希望の灯りは、神戸・東遊園地の広場のとなりにひっそりと設置されている。正直、気づかず普通に通り過ぎてしまうほどの小規模なものだ。

1.17希望の灯り

一九九五年一月十七日午前五時四十六分
阪神淡路大震災
震災が奪ったもの
命 仕事 団欒 街並み 思い出
… たった一秒先が予知できない人間の限界…
震災が残してくれたもの 
やさしさ 思いやり 絆 仲間
この灯りは
奪われた
すべてのいのちと
生き残った
わたしたちの思いを
むすびつなぐ

という、短いながらも重みのある言葉が、この石碑に刻まれている。訪れる人こそ少ないものの、その思いを伝える大切な場所として、これからも維持し続けていただければ、と思わずにはいられない。

余談だが、この火は阪神・淡路大震災に大きく関係しているものではない。「この灯りは、(中略)被災した10市10町、及び47都道府県から寄せられた種火を一つにして点灯されたものです」と説明されているが、これは事実ではない。実際、この火は何度か消えたことがあり、最近では2018年に、台風20号の影響で火が消えたことが判明している(毎日新聞の記事より)。

そんないろいろと深い事情のあるこの「1.17希望の灯り」だが、2020年、新型コロナウイルスの影響により中止となった「神戸ルミナリエ」の代わりのイベントでは、以下のような装飾がなされていた。

神戸ルミナリエ代替イベント2020 1.17希望の灯り

・・・

・・・

キレイに装飾すれば良いってものじゃないですよ、神戸市さん。

慰霊と復興のモニュメント

さて、1.17希望の灯りのとなりに、このような噴水が見える。

慰霊と復興のモニュメント

一見何をしたいのかよくわからないこの噴水だが、実はこれこそが「慰霊と復興のモニュメント」だ。

とはいえ、この噴水のどこがモニュメントなのだろうか。実はこれはモニュメントの一部にすぎず、噴水だけがモニュメントとなっているわけではない。実際のモニュメントは、

慰霊と復興のモニュメント 入口

噴水の横にある、この階段を下った地下にある。なお、この先には鉄で作られた硬い扉があり、モニュメントを守っている。

慰霊と復興のモニュメント

この鉄の扉は9:00~17:00しか開いておらず、つまりこのモニュメントの営業時間は必然的に9:00~17:00ということになっている。訪問の際にはご注意を。それにしても、東遊園地の地図上では「震災と復興のモニュメント」となっているにも関わらず、このポスターでは「慰霊と復興のモニュメント」となっているのはどういうことなのだろうか・・・

慰霊と復興のモニュメント

モニュメントの地下部には、震災で亡くられた方、そしてこのモニュメントを建設する際に寄付をしてくれた方の名前が刻まれた銘板が掲載されている。現在では5000人以上の名前が掲載されており、平安を祈るスポットとなっている。

慰霊と復興のモニュメント

この空間の上には、先ほどの噴水が流れている。「瞑想空間」と名付けられたこの空間では、集中して黙とうや瞑想を楽しめるというメリットがある一方、上がガラス張りになっているため、この状態で大丈夫なのか?危険でないのか??と心配になってしまう。

慰霊と復興のモニュメント

ちなみに、このモニュメントにはスロープも設置されており、車いすやベビーカーを使う人でもちゃんと入出場できるようになっている。ただ、通路が狭いこと、スロープが長い割に見通しが悪く奥から人が来ているかどうか分かりづらいことが少し困る点だろう。普段は人通りの少ない場所ではあるが、繁忙期はできる限り使わないほうが良いかもしれない。

まとめ ぜひ一度訪れることをおすすめします

今回は、神戸・三宮に残る阪神・淡路大震災のモニュメント、「1.17希望の灯り」「慰霊と復興のモニュメント」をご紹介した。阪神・淡路大震災から四半世紀が経過した今、地震とどう向き合っていくのか。震災を知らない若い世代に、その辛い状況をどうやって伝えていくのか。このモニュメントは、重要なヒントを与えてくれるだろう。みなさんには、ぜひ一度このモニュメントを訪問してもらいたい。そして、命の尊さを感じてもらいたい。迫りくる脅威の中で、我々はこれから何をするべきなのか。それを理解するために、ぜひ一度この場所に行ってもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました