近畿兵庫県加古川市

ベルデモール加古川 商店街まるごと全面改装で誕生した「新しい平成の商店街」。

先日の記事で、JR加古川駅周辺に位置する再開発ビルを2つご紹介した。

【2021最新版】元・加古川そごう「ヤマトヤシキ加古川店」の現況を観察
そごうという企業は非常に面白いもので、1980年代から1990年代、とりわけバブル期の再開発事業においては全国においてその顔をのぞかせている。最盛期にはその店舗数が30を超えていた...
サンライズ加古川 本にも取り上げられた「大失敗」再開発、その今。
全国各地に氾濫する「再開発事業」。高度経済成長とともに日本が発展する中で多く発生し、今もことあるごとに起きるこの事業だが、どういうわけかこの再開発には失敗したものが多く、その悲惨な...

元々この地区は加古川駅周辺地区において「駅南口エリア」として優先的に整備されてきたこともあり、東播磨地区の核として人の流れの中心となってきていた。近年では駅北口の開発に力の入るJR加古川駅周辺だが、今の状況を見るに、駅南口の勢いが衰えそうにはとても見えない。

ベルデモール加古川

そんなJR加古川駅南口エリア。このエリアには、再開発ビル以外にもう1つ、周辺再開発とともにかつての駅前商店街を全面的に改装し、新たな商店街としてその歩みを進めることとなった商店街があるのだという。今回は、そんな全面改装によって生まれた新しい商店街「ベルデモール加古川」について、その歴史と現況を見ていくこととしよう。

平成の到来とともに。新しい商店街・ベルデモール加古川

ベルデモール加古川

ベルデモール加古川は、兵庫県加古川市・JR加古川駅の南側に位置する商店街だ。「ベルデモール」というその商店街らしくない名称は、スペイン語で「緑」を表す「ベルデ」と、英語で「木陰のある散歩道」を表す「モール」を合わせた造語により作られている。

ベルデモール加古川

ベルデモールの歴史は古く、1954(昭和29)年、「加古川駅前通商店街」という商店街組合が構成された時代から始まる。当時からネオンアーチが設けられ、加古川一の繁華街としてにぎわったとのこと。さらに言うと商店街そのものの成立は明治時代にまでさかのぼるというから、その歴史の長さはひとしおだ。

ベルデモール加古川

そんな加古川駅前通商店街だが、昭和も後期になると再開発計画が持ち上がる。当初は反対の意見も多かったこの再開発計画だが、最終的にこの計画は施工され、現在の加古川に至るわけだ。そしてこの際、加古川駅前通商店街も再開発計画の一部に含まれていたことにより、「どうせ新しくするなら」と商店街側はなんと街をまるごと全面改装。結果、1989(平成元)年、今の「ベルデモール」が完成し今に至っている。なお、一部の店舗は再開発とともに完成したビル「カピル21(旧加古川そごう。現在、ヤマトヤシキ加古川店及び専門店が入居)」に転居している。

ベルデモール加古川

前置きが長くなってしまったが、ベルデモールの中へと入っていこう。お客さんの数はお世辞にも多いとはいえないが、平成に入ってから完成したのもあってか、古さを感じない美しい景色が広がっている。正直、最近完成した商店街といっても遜色ない。

ベルデモール加古川

ベルデモール加古川

このベルデモールなるところ、どうやら改装の際に地面も同時に入れ替えているようで、歩道のみならず車道までもが石畳で覆われていた。自転車やバイクで走るには少々難ありだが、まあ仕方ないか。ちなみに加古川市が行ったパブリックコメントには「車道をなくしてほしい」なんて声も書いてあったが、駅前だしさすがにそれは厳しいのでは・・・?

ベルデモール加古川

ベルデモール加古川

商店街内には様々な店が軒を連ねており、誰もが知るチェーン店から地元の人しか知らないようなお店まで、ありとあらゆるお店が軒を連ねている。商店街そのものが綺麗にされているせいか、全体的にお店まで綺麗にされている印象を受ける。イメージアップにも効果的なのかもしれない。

 

ベルデモール加古川

ベルデモール加古川

しかし、そんなベルデモールも開業から30年以上が経過。時の流れには勝てないのか、ベルデモールが開業するはるか前、1972年から営業を行っていた「加古川産業会館(JAビル)」は2020年に解体。現在、分譲マンションが建築中となってしまっている。かつて総合スーパー「ジャスコ加古川店」や百貨店「加古川そごう」の別館があった加古川の商業ビルも、今や昔。隣接する寺家町商店街とともに加古川の商業の核となっていただけに、非常に寂しい・・・。

ベルデモール加古川

そんなマンション建設予定地の前にはこんなモニュメントが・・・。こちらのキャラクターは加古川名物「かつめし」のイメージキャラクター「がっつん(左)」と「デミーちゃん(右)」のモニュメントなのだそうだ。かつめしとは

ご飯の上に叩いて平たくしたビーフカツをのせ、デミグラスソース系のたれをかけたものを洋皿に盛り、お箸で食べる

(加古川市観光協会のサイトより)

料理なのだそうで、加古川市内や周辺ではよく食べられている料理なのだろう。取材班は時間の関係で食べることができなかったが、良ければ一度食べるのはいかがだろうか。

商店街のすぐ近くに残る古い街並み

ベルデモール加古川

商店街を抜け、国道2号線と交わる交差点へとやってきた。ここはさすがに国道。交通量も多い。

ベルデモール加古川

そんな国道2号とベルデモールとが交わる交差点の周辺には、数多くのレトロな光景が広がっている。

まずはこちら。こちらの物件はかつて「太陽ギフトショップ」なるギフトショップが入っていた跡地だ。かつては神戸市西区など、3つのお店を出していたこちらの会社だが、今では2店舗から撤退、東加古川のお店を残すのみとなっている。こちらのビルには本社機能があるようだが、2つもビルがある状態だし、大丈夫なのか??ちなみにかつての店舗情報がなぜかホームページ上に残っていたので、見たい方はコチラからどうぞ。

ベルデモール加古川

続いてはこちらの「ガーラシア」なるお店。現在はデイサービスや加圧スタジオがあるが、ここは元々花屋さんとして営業を行っていたようだ。とても花屋とは思えない、変わった構造をしているな。

ベルデモール加古川

ベルデモール加古川

ベルデモール加古川

しかし凄い場所だな・・・。道1本を隔てただけでここまで変わるとは思いもしなかった。かつてはベルデモールもこのような状態だったのかもしれない、そう感じざるを得ない取材班でした。

タイトルとURLをコピーしました