兵庫県宝塚市近畿

昭和後期の風情残る商業施設・宝塚市「サンビオラ」の昭和っぷりに驚かされた話

先日、兵庫県宝塚市「逆瀬川」駅前にそびえたつ商業施設「アピアさかせがわ」をご紹介した。

<アピアさかせがわの記事はコチラ>

失敗物件?宝塚市「アピアさかせがわ」のメチャクチャすぎる実態とは。【逆瀬川-1】
兵庫県宝塚市は宝塚歌劇団や宝塚音楽学校に代表されるように、阪急電鉄の創業者・小林一三が特に力を入れて開発したエリアとして知られており、「阪急の街」と巷では言われている。実際は阪急宝...

しかし、宝塚市内で大規模な再開発が行われたのは何も逆瀬川だけに留まらず、西日本の中心・大阪に近いというその特質を生かしてか、市内の様々なところにその面影を見ることができる。

宝塚南口駅

画像はWikipediaより抜粋

さて、今回取材班がやってきたのは阪急今津線は「宝塚南口」駅だ。その名の通り宝塚駅のすぐ南側、川を隔てた場所に位置する駅で、先日の記事で取り上げた逆瀬川駅のすぐ北側に位置する駅にもなっている。宝塚の温泉街がにぎわっていた頃はここも宝塚の中心部のひとつとして大きく賑わっていたのだが、現在では駅前にあったかの有名な「宝塚ホテル」も閉館・解体され、以前に比べてその地位を大きく落としている印象が拭えない。

サンビオラ 宝塚南口

そんな宝塚南口駅前には、1974年に開業した昭和の雰囲気を色濃く残す商業施設が今も残っており、周りの街が次々と近代化していく中で、まるで取り残されてしまったかのようにその姿を令和に突入した今も伝え続けている。今回は、そんな阪急今津線・宝塚南口駅前の商業施設「サンビオラ」について、その様子・歴史について軽くではあるがご紹介しようと思う。

驚きの昭和っぷり!「サンビオラ1番館」

宝塚南口市場ご案内

宝塚南口サンビオラは、かつて駅前に存在した「宝塚南口市場」を再開発する形で1974年に開業した。記事を執筆している2021年時点で47年目と、かなり歴史のある建物である。かの有名な中銀カプセルタワービルができたのが1972年というから、どれほど古いものなのか分かるだろう。ちなみに先日の記事で特集した「アピアさかせがわ」の計画が策定されたのは1973年。皮肉だなぁ・・・。

サンビオラ宝塚南口

そんなサンビオラだが、現在は「サンビオラ1番館」「サンビオラ2番館」「サンビオラ5番館」の3つの建物によって構成されている。これは後述するのだが、かつては3番館も存在していたが、現在は再開発の対象となってしまい、現在は3館運営になっている。なお4番館が存在していたのかどうかについては、様々な場所で調査を行ったが分からなかった。知っている方、もしいらっしゃいましたらお問い合わせページもしくは公式Twitterまでお知らせください。よろしくお願いいたします。

サンビオラ1号館

軽く説明が済んだところで、まずはサンビオラ1号館から入っていくとしよう。サンビオラ1番館の入口は阪急宝塚南口駅の駅前広場、もしくはすぐ近くを走る幹線道路沿いから入ることができる。なんだか看板とお店のガイドが既に色あせてしまっているが、さすがに古い建物だし、この辺は仕方ないか。ちなみにこのすぐ近くにある交差点は「サンビオラ前」。地元に親しまれていることがよくわかる瞬間だ。

サンビオラ1号館 2階

外観について軽くレビューしたところで、さっそく中に入っていく。・・・あー、これはマズいパターンですね。地下1階と1階には高級スーパー「阪急オアシス」がフロア全体に入居しており、まだ耐えている状況なのだが、元々の地権者が入っていたと思われる2階に関しては、人通りも少なく、全体の半分程度しかテナントが埋まっていない状況で、苦しい状況がうかがえる。しかしテナント名を入れる看板のオシャレ具合よ・・・宝塚らしいといえば宝塚らしいし、昭和臭いといえば昭和臭いと感じてしまう。

サンビオラ1号館 2階

うーん、何が悪いんだろう。イオンなんかにすればすぐにテナントが入りそうなものだが、残念ながらここ・サンビオラではそうもいかないようだ。立地が悪いのか。それとも何か難しい問題が混じっているのか。駐車場に難ありなのか(サンビオラには駐輪場は整備されているが、駐車場は整備されていない)。真相はよくわからない。

宝塚南口プラザ

なお、サンビオラ1番館の2階には、恒久的に展示されているのかは分からないものの、「サンビオラの歴史」というコーナーが設けられており、昔の写真が何枚も展示されていた。上の写真にある「宝塚南口プラザ」は阪急宝塚南口駅に直結する高架下のショッピングセンターのことで、現在は当時とは全く違う姿になってはいるものの、今も現役で営業中である。

宝塚温泉竣工まつり

それ以外にも、かつて存在した(今も細々と営業しているが)宝塚温泉郷にまつわる写真や、

サンビオラ 昔 過去

混雑するかつてのサンビオラの昔の姿を写した写真などが記録されていた。かつてはさぞ賑わっていたんでしょうね。残念ながら今ではこんな寂しい状況になってしまっていますが。よくある風景ではあるんだけど、それでもやはり寂しさを感じずにはいられない。

異様に入りづらい2号館、再再開発された3号館、やる気のない5号館

先ほども書いたが、宝塚南口サンビオラは当初4つの建物で構成されており、それぞれ「サンビオラ1番館」「サンビオラ2番館」「サンビオラ3番館」「サンビオラ5番館」という名称がついていた。現在は「サンビオラ3番館」がなくなり、3館による運営がなされている。先ほど「サンビオラ1番館」の特集をしたので、ここからは残りの3つについて、それぞれ軽く解説を加えていくとしよう。

サンビオラ 宝塚南口

まずは「サンビオラ1番館」のすぐとなりに位置する「サンビオラ2番館」についてだ。右側が1番館、左側が2番館となっており、両者はそれぞれ2階にあるペデストリアンデッキでつながっている。

サンビオラ2番館

しかしこちらのサンビオラ2番館だが、1階はテナントなし、2階が「魚民」、3階が着物店に保育園、4階が塾となっており、某ウイルスが猛威を振るう状況下においてはいささか入りづらく、中を見ることはできなかった。魚民以外は入りづらい店ばかりだが、ぜひ一度入ってみたいと感じた取材班だった。

サンビオラ3番館跡地

続いてサンビオラ3番館だが・・・こちらは再開発が行われ、現在では「ザ・宝塚タワー」なる超高層マンションが建立されており、サンビオラ?何それ?美味しいの?とでも言いたげな様子で我々を見つめてくる。なんでもサンビオラ3番館は全国初の地方自治体による市街地再開発ビルとして建設されたビルらしく、さすがにガタが来ていたのだろうか、2012年に建て替えられてしまった。駅前ということもあり、また宝塚駅から徒歩圏内(とはいっても10分以上歩くのは高層マンション住民にとっては苦痛かもしれないが)ということもあってか、比較的評価は高いようだ。

サンビオラ5番館

さて、最後にサンビオラ5番館についてだ。サンビオラ5番館は2階建ての商業施設からなる棟と比較的高層のマンションから構成されており、こちらは今も現役だ。

サンビオラ5番館 1階

しかしそのテナントはというと、どちらかというとチェーン店に近い形態を持つお店が比較的多く入居しており、コチラに関しては随分と味気ない印象だ。まあ入っているだけ良いか。

サンビオラ5番館

そんなサンビオラ5番館だが、その端っこには「2階 喫茶・飲食 南口会館」といういかにも昭和っぽい案内が。ここには一体何があるのだろうか。

サンビオラ5番館2階 南口会館

2階には「宝塚市立地域利用施設南口会館」という、宝塚市営の集会所と思われる施設が所在していた。そしてその隣には喫茶店と、

サンビオラ5番館2階

謎の扉が設置されていた。何やこれ。これが噂に聞く「飲食店」ってやつなんでしょうかね・・・。なかなか荘厳なドアなんですが、この中にはどんなお店が入っているんでしょうか。気になります。

そしてこの目の前には道路を渡り、向かいの高層マンションの前で地上に降りるという形を取っている歩道橋が設置されていた。おそらくサンビオラ3番館に連絡する通路が今も名残という形で残っているのだろう。

サンビオラ 連絡歩道橋

そんなサンビオラ3番館と5番館を結ぶ橋からは、宝塚駅から西宮北口駅方面へと向かう阪急今津線の車両が撮影できた。宝塚音楽学校や宝塚歌劇団の劇場を目の前に臨むマルーン色の阪急電車を横に、一種のもどかしさを感じずにはいられなかった・・・。


タイトルとURLをコピーしました