地区まとめ近畿兵庫県神戸市

こうべ未来都市機構(旧OMこうべ)運営のショッピングセンターまとめ!実際どうなのか?

「山から海へ」というスローガンのもと、ニュータウン開発を各地で進めた神戸市。その派手な施策は「株式会社神戸市」などと呼ばれ、かつては自治体経営のモデルとして非常にもてはやされた時期もあったが、人口減少が進む現在では逆にこれが足を引っ張っている気がしてならない。

こうべ未来都市機構

そんな各地のニュータウン運営を一手に担っているのが、神戸市が大半を出資する第三セクター「株式会社こうべ未来都市機構(旧・OMこうべ)」である。ニュータウンエリアにおける賃貸オフィス・商業施設・駐車場・集会所・スポーツ施設等、実に様々な事業を展開しており、第三セクターながらここまでデベロッパー事業をやっているとは・・・と驚かされるばかりだ。

須磨パティオ

そんなこうべ未来都市機構は、神戸市の各所でショッピングセンターを運営しており、それぞれ五者五様の非常に面白い施設展開がなされている。ということで今回は、こうべ未来都市機構が運営するショッピングセンターとその内容について、まとめていくとしよう。

こうべ未来都市機構の運営するショッピングセンター一覧

こうべ未来都市機構(旧・OMこうべ)が運営するショッピングセンターは、以下の5施設である。

・リファーレ横尾(地下鉄妙法寺駅前)

・須磨パティオ(地下鉄名谷駅前)

・キャンパススクエア(地下鉄学園都市駅前)

・セリオ(地下鉄西神南駅前)

・プレンティ(地下鉄西神中央駅前)

見事に地下鉄西神・山手線沿線ばかりにあるのが少々面白いですね(笑)

ここからは、これら5つの施設について、その概要を見ていくとする。

リファーレ横尾(妙法寺駅前)

リファーレ横尾

リファーレ横尾は、地下鉄妙法寺駅前にある商業施設。周辺は神戸市でも最初期に開発されたニュータウンとなっており、客層の高齢化が進んでいるのが特徴。テナント数も核テナントのコープこうべの他には40ほどと少ないが、100円ショップや書店といったテナントは一通りそろっており、地域の方々の拠点となっている模様だ。

神戸市須磨区「リファーレ横尾」の高齢化にちょっと心配になった話 
神戸市のニュータウンで最初期に造成された街・妙法寺。周辺の他のニュータウンとは異なり、元々民間主導で始まったという経緯からか(注:須磨ニュータウンの始まりとされる「北須磨団地」は兵...

須磨パティオ(名谷駅前)

須磨パティオ

須磨パティオは、地下鉄名谷駅前にある商業施設。今回挙げた5つの商業施設の中でも最古参で、なんと1980年の開業。全国のショッピングモールでもかなり古い部類に入るといって良いだろう。

須磨パティオ

建物は核テナントに百貨店の「大丸須磨店」とスーパーの「ダイエー」。今回の5施設の中で唯一百貨店が入居しており、拠点性の高い施設といえるだろう。須磨区全体を見ても最大級の規模を誇る施設となっており、お客さんも多く常に活気があふれているのも良い点。2022年以降も再整備が行われることから、今後にも注目だ。

須磨パティオ 須磨区最大規模の商業施設、その充実っぷりに驚いた件
神戸市須磨区というと、須磨の海や須磨海浜水族園に代表されるように「海」の印象がどこまでも拭えないが、実際は板宿などの旧市街地や妙法寺といった新興ニュータウンのエリアも含めて「須磨区...

キャンパススクエア(学園都市駅前)

キャンパススクエア

キャンパススクエアは、地下鉄学園都市駅前にある商業施設。周辺に高校や大学が多いという特性上、若者の割合が非常に高く、それに呼応するかのように若者ウケを狙ったテナントが多く入居(ファーストフード店など)しているのが特徴だ。

キャンパススクエア

建物の隣には、1985円にユニバーシアード神戸大会が行われた際に整備を行った「ユニバ―ドーム」という豪快な広場も完備。このご立派な広場もぜひ一緒にご覧ください。

キャンパススクエア 神戸研究学園都市の玄関口、その中身を観察する
日本に数多く存在する「学園都市」。一部、学園都市と名乗るには程遠い状態となっている場所もあるものの、大学を中心に研究機関が数多く集積し、少子高齢化進む日本では珍しい「若者であふれる...

セリオ(西神南駅前)

セリオ西神南

セリオは、地下鉄西神南駅前にある商業施設。今回挙げた5施設の中では最も新しい施設となっている。西神南地区そのものが西神・山手線全線開業後に追加で整備されたというその経緯からか、ベージュ色が前面に押し出されている他の4施設とは異なり、赤系の色が前面に押し出されているのが見ていて面白い。

セリオ西神南

妙法寺の「リファーレ横尾」と同様、地域の住民向けに作られていることもあり、全体的に見どころは多くない。しかしその中でもニュータウンらしい工夫が各所になされており、見ていて感心してしまう。他の4施設と比べると少々浮いている印象が否めないこのセリオという商業施設だが、ぜひ一度訪問してみてほしい。

西神南「セリオ」はショッピングセンターより広場が凄い商業施設でした
神戸市営地下鉄西神・山手線で最も新しい駅は西神中央駅・・・ではなく、その南側にある西神南駅。路線が全線開業したのが1987(昭和62)年であるのに対し、西神南駅が後から新設されたの...

プレンティ(西神中央駅前)

プレンティ

プレンティは、地下鉄西神中央駅前にある商業施設。今回の5施設の中でも最も規模の大きい市設となっており、電車の終点に恥じない巨大な施設が出来上がっている。

プレンティ

核店舗としては「ダイエー」が入居。それ以外にも実に多種多様な店舗が軒を連ねており、見ていて非常に面白い。百貨店「そごう」が撤退したこの西神中央駅周辺だが、その中でどうかじ取りを行っていくのか、今後に期待したい。

【2021年12月訪問】大規模改装を控える「プレンティ西神中央」の様子を記録する
先日、神戸市西区・西神中央駅前に2022年4月、新しく開業した商業施設「エキソアレ西神中央」について、その様子をご紹介した。元々そごうが入っていた場所を綺麗にリノベーションしたとい...

まとめ 五者五様でおもしろい!

プレンティ

いかがだっただろうか。「株式会社神戸市」と呼ばれ、日本中から羨望の的となった街・神戸。その中で開発されたニュータウンが今後どう変わっていくのか、その将来に期待したい。

「株式会社神戸市」とはいったい何だったのか。衰退する神戸市の現状と未来。
兵庫県の代表都市、神戸。しかし今、その神戸が危機にさらされている。人口の大幅減少、企業の流出(P&Gのアジア本社をシンガポールに移転したことや、「丸亀製麺」を経営するトリド...
タイトルとURLをコピーしました